FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

smローションプレイ

都内に通う大学生の遊んでる感じのM女が調教相手。
smには興味はちょっとあるらしいが、そのくせ自分はSだと主張する。
大概、自分をSと主張する女は苛められるのが怖いM女なのだ。

こんな女は調教のし甲斐があっていい。
適当にシャワーを済まさせ早速、smプレイに移行する。
そこそこの調教経験があるとは言っていたが、性器は綺麗なピンク色をしている。

彼女の舌を吸いながら、、ローションを使って、彼女の身体をぐちゃっぐちゃにしていく。
ローションで塗れるのが始めらしく、ヌルヌルに汚されていく自分に気分が乗ってきたのか、
ビンビンに硬くなった乳首を激しくしごくとそれだけで軽くイった。

罰として持ってきたサランラップでそのまま女の身体に巻いて拘束していく。
ドロドロのまま身体にラップをぎっちぎちに巻いていくと、ラップに潰れた胸とかエロイ。
胸から、膝上位までラップ3本使ってぐるぐる巻きにしてやった。
女の方も、密着感が気持ち悪いのが気持ちいとか、訳解らん事を言いながらヒートアップしていく。

「Mの素質ばりばりあるんじゃねーの」
そういうと、解んないだって。
もう、認めろって牝豚w

しばらく、キスしながらマ○コ弄ってると牝豚は完全に出来上がっていた。
「立っションしろよ」
ローションと汗と愛液でぐちょぐちょだから今更一緒だろ?
そう言って小便させたら、ラップの中をビシャビシャにしながら盛大に放尿しやがった。
風呂場に小便の臭いを充満させて牝豚は完全に自分に酔っていた。

次、会う約束を、いつものここでやり取りする事になって別れたが、
別れ際、あんたの奴隷にならなってもいいとか、偉そうに言っていた。
その内、立場を解らせてやろうと思う。

奴隷女を縛りプレイ

ネットで買った亀甲縛りの縄を使って、奴隷女を縛ってみた。
縛る説明書もあり、簡単に亀甲縛りが出来てしまった。

鏡の前に立たせて自分の状況を見せた。
調教されている女は自分の姿に興奮したのか、完全にその気になっていた。

目隠しをしてやると、もう、股はグッショリ濡れていた。
「汚ねーな、おい」手に付いた液を彼女の顔になすり付け口で舐めとらせた。

そのまま布団に転ばせ、ケツを踏みつけた。
「あぐぅ」
つぶれたカエルみたいな声で鳴いた。
「ああ?何感じてんだお前」
勢い良くお尻の肉が指の間に食い込む位踏みつけた。
「ううぅ」
奴隷女の身体に食い込む縄がエロイw

そのあと、芋虫みたいにチンポまで這いつくばって、
舌と口だけでチンポを拾ってフェラをさせた。
興奮しまくった牝奴隷の口は暖かく、凄い勢いでフェラされた。

こんな簡単に縄が使えるななんてな。
これから、拘束調教の時に使っていこう。

ハードSM専用の調教コミュニティ

オレはどちらかというとハードなSMプレイが好きなのだが、
満足するためには、相応の真性M女が必要だ。

ハードSM出会い「絶対奴隷」


生涯無料で使えるハードSM専用の調教コミュニティ。
全国に利用者がいるため、どこでも気にせずに利用でき、
多くの幅広い年齢層の変態M女が掲示板やメールでご主人様を探している。
緊縛や浣腸、アナルなど過激なSMプレイを希望する人がほとんどで、
エゴマゾのような快楽だけを求める女性はいない。

年齢や嗜好、その他細かいプロフから相手を探せるため、
無駄なメールのやり取りもなく即調教することが出来る。

ハードなSMプレイをしたいならオススメする。

[SM調教日記]真性M女アナルで失神!拘束プレイ

SM系出会いで知り合った人妻で拘束されてのアナルプレイを希望。
旦那には秘密らしい。。
開発途中だけあってまだまだ痛がる時もあるがGスポットをしっかりと感じる段階にはいる。
後ろ手にしっかりと縛って拘束をし、アナルのマッサージをはじめる。
ローションをたっぷり付けて丁寧にマッサージしてやるのが重要。
アナルの緊張をほぐしてやらないと大変なことになる。
指を入れて第二関節を挿入したあたりで膣の方に指を曲げるとGスポットの裏側に届く。
ここを責めてやれば快感が得られる。
男の場合で言うと前立腺がその先にある。
挿入時は子宮を揺らすように意識をしてハメればいい。
肛門括約筋の収縮はマ○コとはまた違ったツルツルという吸い付くような快楽が得られるはず。
このまま開発がうまく進めばアナルマッサージなしではめられる状態になるな。

人妻は少しアナルをいじっただけでビクビクし、微かに痙攣している。
さて、これからどういたぶってやろうか…

異物挿入-SMプレイ

手を後ろ手に拘束し、
手の自由を奪ってから持ってきた小さなゴムのボールを出会ったばかりの女に見せた。
「お前の穴は、なんでも入るんだろ?」
そう言って、片足をテーブルにあげさせ、広げたマ○コにゴムボールを入れていく。
女は、ボールが入っていくたび体を震わせた。
しばらく入れていくと、既に入れたボールがコトンコトンと床にこぼれ落ちた。
「おいおい、マ○コ肉締めろよ!」
落ちたボールを拾い、マ○コへ指で押し込むと、中で他のボールが突っかかり、奥に入らない。
「チンポは入るのにゴム球入らないって、どんなマ○コしてんだよ」
力いっぱい強引にマ○コの奥へボールをグッとねじり込んだ。
「奥に入りすぎると出なくなっちゃうよ!!」と泣いたが関係ない。
「お前は、今日持ってきたボールを全部入れるんだよ!」
そのまま、続けてゴムボールを女のマ○コに入れていく。
なんだかんだ言いながら、調教されたマ○コにどんどん飲み込まれていき結局持ってきたゴムボールを全部いれた。

「おなかが苦しい。」
そういう女に自力でボールを出すように命令した。
女が気張ると液に濡れたボールがボトボトマ○コ肉を押し広げ床に落ちる。
亀の産卵を見ているようだ。
途中で自力で出てこなくなったので、指を入れて探して出してくる。
肉壁をゴリゴリかき混ぜる度に身体をひくつかせて軽くイっていた。

次はゆで卵でも詰めてみるか。

プロフィール

変態S男カイジ

Author:変態S男カイジ
35歳SM歴8年のカイジがM女との調教体験談を綴る。

カテゴリー

QRコード

QR

RSSリンク

FC2ブログランキング

Copyright © 変態S男カイジ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。